オナニーによる、早漏トレーニングのコツ

オナニーによる、早漏トレーニングのコツ

では、実際に早漏トレーニングを行ってみましょう。ここでは、筆者が過去、実際に試したものをご紹介していきます!行うに当たっては、巨人倍増筆者は一切の責任を負えませんので、やる際には、事前に調べてから行ってくださいね。

①勃起させる→オナホールにたっぷりのローションを仕込む→亀頭を優しく揉む→イきそうになったら手を止める

セックスは、ピストン運動が気持ちいいと思いがちですが、実は亀頭に常に刺激があることが射精を促すきっかけになっています。なので、徹底的に亀頭のみをトレーニングすることも必要なのです。特に包茎、仮性包茎の男性は亀頭への刺激に弱いので、ぜひ行いたいトレーニング。ただし、亀頭は傷つきやすいので、ローションをたっぷり使用することと、加減を大切に。

②勃起させる→アルコールシアリス 通販を染み込ませたウエットティッシュでちんちんを包む→しごく→寸止め

エクストリームなオナニーのジャンルとして人気のある、アルコールオナニー。粘膜から直接アルコールを摂取することにより、局部の快感を上昇させる手法です。ネット上では様々な方法が載っていますが、筆者はエタノール系のアルコール消毒を染み込ませるのにはまっています(大変危険です)。普段より、ちんちんが快感に従順になってしまうので、この手法で寸止めを繰り返すと、多少の興奮で易々とイくことはなくなります。ただし、やりすぎると遅漏の原因にもなりますので、こちらもほどほどに。


メンタルトレーニング【想像力を鍛える】

続いて、メンタルトレーニングです。早漏は、自分の性的興奮を抑えられないため。常日頃から、自分の精神をコントロールできていれば、三便宝射精しそうになった際に、我慢することができます。

簡単な方法は、よく耳にすることかもしれませんが、「イきそうになったら、家族のことを思い出せ」です。わざわざセックスの最中に、自分の家族のことを思い出すのは気が引けますが、これで発射を遅らせたという話はよく耳にします。ただ漠然と、家族のことを思い出すのではなく、より高度な技術があります。それは、「田舎のばあちゃん、元気かな?」です。これは筆者も試したことがありますが、これは効果絶大です。しかし、余りにも近しい身内や、想像の時間が長くなってしまうと、快楽そのものが消え、中折れの原因になってしまいますので、自分の想像をコントロールする技術が必要です。慣れるまでは、遠い親戚(いとこなど)を想像したり、オナニーで練習したりしてみましょう。


[PR]
by faepraiper | 2016-08-23 15:47